日本女性だからこそうなじのきれいな女性を目指す

「極限までキレイ」を目指すなら~うなじの脱毛

「極限までキレイ」を目指したい!そんな女性のために

「襟足」「うなじ」というのは、かつて非常に重要視されたポイントでした。
それは、かつての日本人女性の装いを考えればわかります。

 

今のように、スカートなどの洋装がでてくる前というのは、着物が中心でした。
もちろんきこなしによって差はありましたが、今よりもずっと肌の露出が少なかった時代、「うなじ」というのは、女性の見せる数少ない「肌色」だったわけです。

 

襟足からのぞくうなじに色気を感じた、という記述は、小説などを読むひとなら何度か目にしたことのあるフレーズなのではないでしょうか。

 

「極限までキレイな肌を手に入れたい」「できる限り美しい私を見せたい」、そう望む女性にとっては、この「うなじ」の手入れも重要な要素なのです。

 

実際にはどれだけの女性が手入れしているの?

うなじの無駄毛を処理している女性というのは、夏場でも全体の10パーセント程度です。
つまり、10人に1人程度ですね。冬場などだともう少し割合がさがって、12~13人に1人といったところです。

 

ワキの処理をしているひとは、10人中9人ですから、それに比べるとやはりマイナーな部位とは言えるでしょう。
でも、裏を返せば、ほかのひとがほとんど処理をしていない「盲点」なわけです。

 

また、結婚式などの「特別な日」には、このうなじの処理が欠かせません。
「10人に1人」の中の「1人」に仲間入りして、大きく差をつけましょう!