脱毛 ノースリーブ

脱毛のどうでもいい話

マクドナルドよりも脱毛サロンに通うアメリカ人


欧米人は、日本人が思う以上に脱毛への意識が高くムダ毛を脇だけでなくVIOのムダ毛を放置する方は少ないです。マクドナルドよりも脱毛サロンに通うというアメリカ人の友人の話を聞いた時は思わず笑ってしまいました。さて、脱毛とは何時の時代から行われていたのでしょうか?

 

池袋駅近とアクセス抜群  アリシアクリニック

 

 

 

ノースリーブ・ビキニなどファッションが劇的に変わり脱毛への意識が向上

脱毛は紀元前のインドですでに行われていたと言われています。中東・イスラム圏では、女性がVIO脱毛をするのは文化的に奨励されてきた経緯もあるようです。アメリカでは20世紀に入りノースリーブなどの露出の多いファッションが流行り始め脱毛への意識が高まる様になりました。更に、水着・ビキニは年々とサイズが小さくなり始めVIO脱毛・ハイジニーナへの意識が高まり出します。特に、ブラジルではTバックやGストリングの様な、アンダーヘア・陰毛を残していればハミ出してしまう様なギリギリの下着や水着が生まれビキニラインをすっきり脱毛するブラジリアン脱毛の下地が生まれます。

 

VIO・ハイジニーナのレーザー脱毛には アリシアクリニック

 

セックスアンドザシティに取り上げられVIO脱毛・ハイジニーナへの意識は一般化

そして、1980年代後半にブラジル人姉妹がアメリカでビキニライン全脱毛の「ブラジリアン脱毛」と銘打って宣伝を開始。これを、あの有名なハリウッド映画「セックスアンドザシティ」が取り上げ、全米を巻き込むブームとなり、VIO脱毛・ハイジニーナは女性のエチケットとして認知されました。こうした女性の脱毛への意識の高さを受け、今日では男性の脱毛もエチケットとなりつつあります。脱毛後進国の日本ではVIO脱毛・ハイジニーナは「1クラス上のオシャレ」としてのポジションでしかありませんが、今後は確実に脇脱毛と同じ感覚のエチケットとして認知されるようになるでしょう。

 

脱毛クリームランキングはこちら→脱毛クリーム

 

 

くすみのないお肌になれる限定プレゼントとは?  アリシアクリニック

TOP